仏事マナー

 


お通夜
家族や親しい知人が、故人のそばでひと晩過ごすことです。
流れ:ご納棺
  祭壇・式場の設営
  供花・供養品・礼状の確認
  弔問客の受付
  お通夜(寺院読経)
※遺族・親族・弔問者の焼香、喪主の挨拶等  
※近親者にて祭壇のローソクや線香を絶やさない様にします。

 
 
葬儀・告別式
 

葬儀:故人をあの世へ送るための儀式です。故人が成仏するようにと気持ちをこめて、お経を読みます。親族、故人、親しかった方々が焼香をします。

告別式:故人と縁があった人が焼香をして、最後のお別れをします。
 最近では、葬儀と告別式が同時に行われるケースもみられます。

 
服 装
 

お通夜:

○近親者の服装は喪服に着替える必要はなく、地味な服装でよい。
○ご遺族・ご親族の方は喪服を着用します。
○弔問客の場合、平服でも派手な色の服装でなければよい。
○女性は、結婚指輪以外アクセサリーはしない方が無難です。
 
また、お化粧は控え目にしましょう。

 
   
お数珠  
 

(念珠ともいいます)
数珠は本来、念仏やお経を唱えるときに何回唱えたか、一珠ずつ珠を繰ることで回数を数えるためのものです。また数珠をもって仏様に手を合わせれば、煩悩が消滅し、功徳が得られるとも言われています。
合掌した手へのかけ方は宗派によって相違があります。

 
 
   
焼 香  
 

1.霊前の少し手前で遺族に一礼します。
2.霊前で合掌をして一礼します。
3.焼香をします。
4.焼香が終ったら合掌をして一礼します。
5.霊前から下がり遺族に一礼します。

 
 
   
お清め  
 

通夜ふるまいに出されるお酒は「死の汚れを清める」といわれ、通夜には欠かせないものとなっています。又同じような意味合いで「清め塩」も使われます。

 
 
   
お香典  
 

お香典の表書
香典袋の表書きは、「御霊前」がどの宗教、宗派でも関係なく使えるという説もありますが、宗教、宗派によってさまざまな理由から違いがあります。

○仏教
(四十九日までは)「御霊前」(お香典)
(四十九日後は)「御仏前」(お香典)
  尚、浄土真宗では御霊前はふさわしくないという考えがあり、御仏前を用います。
また、曹洞宗などの禅宗では教義に「浄土」がないので、「成仏以前」という考えがないので、御仏前を用います。

○キリスト教
「御霊前」「御花料」

○神道
「御玉串料」「御榊料」

 
 
寺院への連絡事項
 

・枕経に来ていただく時間をお聞きします。
・枕経に必要な品々は弊社にお任せください。
・通夜・葬儀・お骨上げ・初七日などのスケジュールを相談します。
・戒名・法名のお願いをします。
・通夜・葬儀の僧侶の人数・送迎・食事等の打ち合わせします。
・火葬場のお勤めの確認等もしておくといいでしょう。
・神棚の戸を閉め白紙で張り、絵画や額・置物などの装飾品は取りはずし表には忌中紙を張ります。

Copyright©仏壇仏具 滝本仏光堂 All Rights Reserved.

滝本仏光堂各店舗
 全店共通フリーダイヤル 0120-001-363 までお問合せをお待ちしております。