法事・法要について

*初七日 *四十九日 *初盆 *祥月命日 *年回法要 *お彼岸の時期

 
初七日

亡くなった日から数えて七日目に営む法要で、死後初めての法要になります。
最近では告別式当日に行われる場合が多いです。
その後は7日毎に法要を行います。
二七日(ふたなぬか)14日目、三七日(みなぬか)21日目、四七日(よなぬか)28日目、五七日(いつなぬか)35日目、六七日(むなぬか)42日目、七七日(しちしちにち)49日目と言われています。

 

四十九日
初七

亡くなった日から数えて四十九日目に営む法要です。
最近は、忌明け直前の日曜日に行う場合が多くなっています。
仏式では、四十九日・満中陰をすぎると死者の霊がその家から離れるといい、この日を忌明けとしています。
忌明け法要(四十九日)では、法要までには本位牌を用意し魂を入魂して仏壇に納めます。
この時の白木の位牌は、菩提寺に返してお焚きあげをしてもらいます。

 
初盆初七

お盆は正式には、盂蘭盆(うらぼん)と言いますが、故人が亡くなられてはじめて迎えるお盆(四十九日の忌明けがお盆より前)は初盆と言います。
故人にゆかりのある人たちが集まって、僧侶にお経をあげてもらいます。
十三日は迎盆といい、夕方迎え火をたいて、ご先祖の霊をお迎えします。
十三日から十五日の間に僧侶を自宅に招き、供養のお経をあげて頂いた後、親族・知人とともに精進料理などを頂きます。
十五日の夕方には、ご先祖の霊をお送りするお送り火をたきます。
地方では、この日の夕方に精霊流しを行うところもあります。

 
祥月命日初七

故人の亡くなった月日のことです。
年に一度の命日ですから家族そろって仏壇をお飾りし、お墓参りをします。

 
年回法要初七

一周忌は故人が亡くなってから一年目の命日に法要を行います。
二年目には三回忌、六年目は七回忌、十二年目には十三回忌、十六年目には十七回忌二十二年目には二十三回忌、二十六年目には二十七回忌、三十二年目には三十三回忌

 
お彼岸初七

彼岸へ到達するといわれています。
悟りの世界を意味し、迷いや苦悩に満ちたこちら側の岸(此の岸)に対して、あちら側の岸
(彼の岸)、極楽浄土のことを指しています。
[布施]他人へ施しをすること
[持戒]戒を守り、反省すること
[忍辱]不平不満を言わず耐え忍ぶこと
[精進]精進努力すること
[禅定]心を安定させること
[智慧]真実を見る智慧を働かせること
本来毎日心がけるべきであるのですが、なかなか実行できないので、せめて年に2回くら いは実践しようというのが、お彼岸法要です。
時期:3月18日~24日
9月20日~26日

 

Copyright©仏壇仏具 滝本仏光堂 All Rights Reserved.

滝本仏光堂各店舗
 全店共通フリーダイヤル 0120-001-363 までお問合せをお待ちしております。