仏具


仏さまを飾り、仏さまにお供えする器や道具が仏具です。
御宗派により用いる仏具が異なり、飾り方のきまりがあります。
正しくご安置し、心をこめてお祈りしましょう。


お仏像(ぶつぞう)
信仰する者にとって、一切をお任せし、お慈悲を仰いでいくのがお仏像です。
新しくお求めになられたら、お寺様に「開眼法要」をおねがいいたしましょう。
御宗派により、お仏像もちがってきます。

お仏像


お掛軸(かけじく)
ご本尊様を中心に、左右にそれぞれの御宗派と深いかかわりあいのあるお方を
ご安置します。お仏壇の大きさに応じて種類も豊富にあります。

お掛軸


お位牌(いはい)
亡くなった方人格を象徴するもので、その人の霊をおまつりします。(真宗では用いません)本位牌は亡くなられた方の宗教的地位をあらわす戒名を書いておまつりします。



常花(じょうか)
仏教では蓮華を大切に考えています。
蓮が泥の中から生まれながら、泥に汚されず清らかに咲くさまを、人間が迷いの世界に住みながらも、より良く生きる姿にたとえています。

常花



具足(ぐそく)
花立一対、火立一対、焼香用香炉の五つで五具足です。三具足は花立、火花、香炉の各一つです。花は全て慈愛、忍耐をあらわすといわれ、花を捧げることにより”清らかな・やさしい”気持ちで仏様を拝み、慈愛の心を持ちたいと願います。

具足



供笥(くげ)
半紙を下に敷いて紅白の餅を重ねてさしあげます。お餅は、「百味」といわれ、百の食物をさしあげる代わりとします。
お盆や法事など特別なときだけ使います。

供笥



茶湯器(ちゃとうき)
お仏壇には、いれたてのお茶をさしあげます。真宗以外の宗派では、必ずお飾りします。

茶湯器


上記は一例でございます。宗派等によってお飾りにも違いがございますのでお気軽にお尋ねください。

Copyright©仏壇仏具 滝本仏光堂 All Rights Reserved.

滝本仏光堂各店舗
 全店共通フリーダイヤル 0120-001-363 までお問合せをお待ちしております。